医療安全管理室

最終更新日:

 室長 丸山 晴司


 

 当院が提供する医療の安全性を確保することを目的に医療安全管理室は活動し、患者様が安心して医療を受けられるように努めています。院内での医療の内容や診療のシステムを把握し、医療事故を未然に防止したり、ミスを発生させないような環境整備に取り組んでいます。

インシデント報告件数

 診療中に発生したイベントの軽重によらず積極的にインシデントレポートを提出するように推進し、これらのレポート内容を医療安全管理室で毎週分析しています。分析した結果を各診療科や部門にフィードバックし、医療事故の防止に役立てています。医療安全に関わる職員への教育や研修を行い、安全意識の向上や安全な業務遂行に繋げています。
 医療安全管理室は院内の多職種から委員が構成され、医療事故が発生したさまざまな現場の状況を詳細に把握することに努め、関連部署からの多角的な意見を取り入れて医療安全の向上を目指しています。
 

 

<具体的活動内容>
 (1) すべての職員からの積極的な「ヒヤリハット=インシデントレポート」の提出とその発生原因の分析、再発防止策の検討・評価

 (2) 各部署にて医療事故防止対策委員を中心にKYT(危険予知トレーニング)、5S(整理・整頓・清潔・清掃・躾(しつけ)=習慣化)活動の実施
 (3) 事故報道や医療安全情報からの事例についても医療事故防止対策委員会を通じて再発防止策の検討・実施・評価および職員への周知
 (4) 医療事故防止活動として月1回程度、院内ラウンド実施
 (5) 年2回の全職員への院内研修の他、医療安全に関する職員への教育や啓発
 (6) 当院オリジナルの転倒・転落防止DVDの患者様への視聴や転倒・転落防止パンフレットを用いた指導による転倒・転落防止活動
 (7) 医療事故防止に関するマニュアルの適宜、整備
 (8) 医療事故発生時は、患者様の救命・回復を最優先に、誠意をもった迅速な対応
 (9) 患者相談(医療の主役は患者様です。その患者様からの相談には積極的に応じていきます。

   また、相談することで患者様に不利益が生じないよう  適切に配慮していきます。)
 (10) 情報の開示(患者様との情報共有に努め、閲覧希望に応じています。)

 

★医療事故防止のための患者様へのお願い
 ・疑問や心配事は、医療スタッフにお気軽にご相談ください。
 ・検査・手術・注射などの際には氏名をお名乗りください。
  患者様間違いが起きないために、入院患者様はネームバンドを装着し、お見せください。
 ・飲んでいる薬について学びましょう。
  お薬手帳を必ず持参してください。できる限り1冊にまとめていただけると助かります。

  また、飲まれているサプリメントについても教えてください。
 ・患者様の情報を教えてください。
  現在、かかりつけの病気や既往症、薬剤・食品・金属・ゴムなどのアレルギーがあればお話しください。
 ・検査結果は必ず確認しましょう。CT・MRなどは放射線科の医師が診断していますので、主治医から説明を受けましょう。後日、結果説明をさせていただくことがあります。ご協力をお願いいたします。
 ・廊下は滑ります。スリッパは転倒の原因になっています。必ず、かかとのある履きやすい靴を履きましょう。
 ・入院中は、筋力の低下や症状だけでなく、病院の環境からも転倒・転落を起こすおそれがあります。詳しくは、入院時に転倒・転落防止のDVDをご覧ください。

 
★ 2019年度は患者様の間違い防止の徹底に取り組みます。
 病院には似た名前の方がおられます。お顔見知りでもお名前や生年月日をお尋ねます。また検査や処置などその都度お尋ねします。安全のためですので、ご協力をお願いいたします。

 

 


 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:920)
田川市立病院

〒825-8567  福岡県田川市大字糒1700番地2   Fax:0947-45-0715  

電話番号:0947-44-2100

日本医療機能評価機構 認定第JC2244号
モバイルサイトQRコード
CopyRight (C) 2019 Tagawa Municipal Hospital.