外科

最終更新日:

診療内容等     主な対象疾患等     外来診療担当医表     スタッフ紹介 

 

外科の特徴

 

診療内容等

 

診療体制

 田川市立病院外科は、田川医療圏を中心とした筑豊地方の消化器がん、乳がんなどの悪性腫瘍の診療を担っています。高度な技術を要する手術や患者さんの身体の負担を軽減した低侵襲手術を積極的に行っています。

 当科ではがんに対する化学療法も行っており、各種治療を組み合わせ最適化した治療を患者さんに提供しています。また、肺がんの診療体制として呼吸器外科医による専門外来、腹部大動脈や末梢血管疾患の診療体制として血管外科医による専門外来で対応しています。外科のスタッフ一同、安全かつ安心の治療に努めています。


 当科では幅広い診療知識や豊富な治療経験、熟練の技能を活かしたベテラン医による診療が特徴です。日本消化器外科学会の専門医や指導医が多く、高橋、丸山、藤中は日本内視鏡外科学会の技術認定医を取得し安心・安全な手術の質を提供しています。肝臓・胆道・膵臓を主に担当する丸山は、日本肝胆膵外科学会の高度技能専門医を取得しており高難度手術を行っています。外科治療には腹腔鏡や胸腔鏡による内視鏡外科手術に重点を置き、体に優しい低侵襲の手術を行っています。腹腔鏡手術や胸腔鏡手術は、開腹手術や開胸手術と比較し、小さな傷で腹部や胸部の内部を観察しながら、体内の病気を鉗子やデバイスと呼ばれる内視鏡外科手術に特化した装置で治療する高い技能の手術です。手術による身体の負担を大幅に軽減し、術後早期から社会復帰を可能とするため、患者さまの生活の質向上のために積極的に取り組んでいます。

 

  診療  手術
 

がん治療

 国立がん研究センターがん情報サービスganjoho.jpの最新がん統計によると2019年にがんで死亡した人は376,425人で、死亡数が多いがんの臓器は1位 肺、2位 大腸、3位 胃、4位 膵臓、5位 肝臓と公表されています。当院ではこの5種類のがんに対し、外科が大腸・胃・膵臓・肝臓がんを診療し、呼吸器外科が肺がんを診療しています。このような頻度の高いがんに対し田川市立病院外科は福岡市や北九州市などの大都市と同じ医療の質で治療を行っています。また、高齢の患者さまはがんの治療だけでなく、要支援・要介護を必要とする複数の病気に罹患していることもあり、地域の医療機関に通院されていることが多くケアサイクルの医療も重要です。当科はがんに対する適切な標準治療に加え、筑豊地方や田川医療圏の地域の患者さまにとって良好な通院利便性を備えています。地域の皆さまの大切なライフスタイルを変えることなく、安心のがん治療を提供することで最良の生活の質(Quality of Life (QOL))を実現されることを願っています。

 

主な対象疾患等


 胃がん、大腸がん(結腸・直腸がん)では、早期がんはもとより進行がんに対しても、根治性安全性を十分に考慮し低侵襲の腹腔鏡手術を積極的に行っています。肝がんでは、手術シミュレーションによる安全・確実な手術で対応し、胆道・膵臓がんでは高齢の患者さんでも、体力があればご本人の意思を尊重した根治手術を行います。脾臓疾患では腹腔鏡下脾臓摘出術も導入しています。乳がんに対しては手術後の整容性に配慮した乳房温存手術を取り入れています。肺がんでは、進行程度が早い段階であれば低侵襲性の胸腔鏡手術を行くことができます。進行した肺がんに対しては、呼吸機能に配慮して最適な手術を行います。いずれのがんにおいても高度に進行していれば、がん薬物療法専門医の高橋を中心に、抗がん剤投与や分子標的薬使用による最適な治療を施行しています。
 良性疾患では、単孔式腹腔鏡下虫垂切除術、単孔式腹腔鏡下胆嚢摘出術、鏡視下鼠径ヘルニア修復術、さらに上部消化管穿孔・腹壁瘢痕ヘルニア・難治性の食道裂孔ヘルニアに対する腹腔鏡手術を行っています。気胸の原因のブラに対しては、胸腔鏡手術を行っています。

 

 患者さん一人ひとりのご意思を尊重し、最適な外科診療を提供します。日々の外科診療を通して患者さんみなさんが満足される治療生活を提案し、これからも医療の質の向上を推進していますので、今後とも宜しくお願い致します。

 

 

外来診療担当医表

 

  

外科新患・再来 松隈 哲人

 藤中 良彦
 丸山 晴司

 乳腺外来
  鴻江 俊治
 丸山 晴司

  高橋 郁雄

  松隈 哲人
  
  藤中 良彦

 血管外科外来

 (第2・4)

   非常勤医師(九大)

 高橋 郁雄

   松隈 哲人
呼吸器外科新患・再来

-

(第2・4) 
 非常勤医師(九大)

-

-

-

 

 

スタッフ紹介

 

松隈医師

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

松隈 哲人(まつくま あきと)

  病院長 昭和59年卒

[専門分野]消化器外科 

[主な所属学会及び取得資格]

  日本外科学会認定医・専門医

  日本消化器外科学会認定医・専門医・指導医

  日本がん治療認定医機構がん治療認定医

  日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医

  日本臨床外科学会

  日本胃癌学会

  日本乳癌学会

  日本緩和医療学会

  地域包括医療・ケア認定医

[ひとこと]

  これまで主に消化器疾患の外科治療(特に胃がん、大腸がんの手術)や抗がん剤治療を中心に診療を行ってきました。患者さんやご家族に寄り添う診療を心がけています。

 

高橋医師

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

高橋 郁雄(たかはし いくお)

 副院長 昭和63年卒

[専門分野]消化器外科(特に消化管外科)、内視鏡外科、固形癌薬物療法

[主な所属学会及び取得資格]

 日本外科学会専門医・指導医

 日本消化器外科学会専門医・指導医

 日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医・指導医

 日本内視鏡外科学会技術認定医

 日本食道学会食道科認定医

 日本がん治療認定医療機構がん治療認定医

 日本癌治療学会

 日本胃癌学会

 日本乳癌学会

 日本緩和医療学会

 米国外科学会

[ひとこと]

  いままで消化器癌の手術、化学療法、緩和医療を中心に行ってきた経験をもとに、患者さんの期待に沿った地域に密着した医療を行っていきたいと考えております。

 

 

丸山医師

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

丸山 晴司(まるやま せいじ)

  部長 平成8年卒

[専門分野] 消化器外科・肝胆膵外科

[主な所属学会及び取得資格]

 日本肝胆膵外科学会 肝胆膵外科高度技能専門医・評議員
 日本内視鏡外科学会 内視鏡外科技術認定医
 日本消化器外科学会 消化器外科指導医・専門医
 日本外科学会 外科指導医・専門医・認定医
 日本消化器病学会 消化器病指導医・専門医
 日本肝臓学会 肝臓専門医
 日本がん治療認定機構医機構 がん治療認定医
 消化器がん外科治療認定医
 医師臨床研修指導医
 医療安全管理者(医療安全管理室長)
 厚生労働省指定オンライン診療研修・緩和ケア研修・がんのリハビリテーション研修修了
 日本癌学会・日本癌治療学会・日本臨床外科学会・日本移植学会会員

[ひとこと]

 消化器外科、特に肝胆膵外科を専門に診療を行っています。手術は安全に、かつ、確実に行うことを第一に考え、適切で質の高い治療を心がけています。腹腔鏡手術では、患者さんにとって侵襲が少なく、拡大視効果を存分に生かした緻密な手術に取り組んでいます。

 

藤中医師


 

 

 

 

 

藤中 良彦(ふじなか よしひこ)

  部長 平成17年卒

 [専門分野]消化器外科・内視鏡外科

 [主な所属学会及び取得資格]

 日本外科学会専門医

 日本消化器外科学会専門医・指導医

 日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医

 日本内視鏡外科学会技術認定医(消化器・一般外科)

 日本がん治療認定医機構がん治療認定医

 米国消化器内視鏡外科学会

 FUSE資格取得

 [ひとこと]

 消化管外科疾患の治療に携わっています。根治性が担保された、低侵襲で合併症の少ない手術を目指しています。

 特に直腸がんの腹腔鏡手術、肛門温存に力を入れています。

 
このページに関する
お問い合わせは
(ID:890)
田川市立病院

〒825-8567  福岡県田川市大字糒1700番地2   Fax:0947-45-0715  

電話番号:0947-44-2100

日本医療機能評価機構 認定第JC2244号
モバイルサイトQRコード
CopyRight (C) 2019 Tagawa Municipal Hospital.