病院事業管理者あいさつ

最終更新日:

平成31年4月1日

「病院事業管理者のあいさつ」

鴻江俊治先生

田川市 病院事業管理者 (こうの)() (しゅん)()

  平成31年4月1日に、二場公人市長から田川市病院事業管理者を拝命しました。過去6年間の同市立病院長の経験をいかし、経営に尽力したいと存じます。

 経営を進める基本的考え方として、近江商人の行動哲学である「三方よし」すなわち「売り手よし、買い手よし、世間よし」を手本にしたいと存じます。病院の都合だけで行動するのはもってのほか、患者さんが満足する医療を提供し、それが田川の地域医療に貢献しなければなりません。自治体病院の務めとして当たり前のことですが、三方が納得する運営は容易ではありません。そのため、買い手である患者さん、世間である田川の住民とその代表である市町村議会の議員、そして売り手である病院・市職員・市長、これらの皆様の意見・要望に耳を傾け、理解と協力を得るための話し合いを持つ機会を積極的に持ち、三方のバランスを最良の状態に保ちたいと思います。

 

現在、当院が直面している課題は以下のとおりです。

  1.田川の地域包括ケアシステムを作り上げる上で基幹病院としての役割を果たす。

  2.田川医療圏の地域医療構想に適した病床の再編と不足する医療の充実:需要と供給、そして近隣医療機関との調整をはかる。

  3.田川地域の再生・発展のために貢献できる医療を提供する:小児・周産期医療、救急医療、在宅・緩和医療、災害医療など

  4.医療の質を維持・向上するための優秀な人材を確保する:医師、看護師、薬剤師など

 

 田川市立病院の理念である「田川の医療を守る」ため、職員一同、全力を尽くします。宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:879)
田川市立病院

〒825-8567  福岡県田川市大字糒1700番地2   Fax:0947-45-0715  

電話番号:0947-44-2100

日本医療機能評価機構 認定第JC2244号
モバイルサイトQRコード
CopyRight (C) 2019 Tagawa Municipal Hospital.