部署の紹介

最終更新日:

看護部門 部署紹介

   病棟  2階東病棟  HCU  3階東病棟  4階東病棟  4階西病棟  5階東病棟  5階西病棟 

   外来  7番外来  8番外来  9番外来  10番外来

   外来処置室・内視鏡室・救急外来  手術室  透析センター

 

 

【病棟】

  

 2階東病棟  “心ある看護(we can take care of you)

2階東病棟


 急性期の病棟です。平成31年4月から総合診療科の医師の赴任に伴い、循環器内科や外科に加えて、総合診療科の患者さんが入院されています。

 『患者さん・ご家族の気持ちに寄り添う看護を』をモットーに、安心して療養できるようスタッフ一同明るく、元気に頑張っています。「2階東病棟に入院して良かった」と誰からもいわれるよう、患者さんやご家族の気持ちを大切に『笑顔』だけはどこにも負けません!

2東 

  
 

 HCU  


HCU
 HCUは、「High Care Unit」といい、高度の治療を要する患者さんの受け入れを行っています。現在、主に循環器内科・腎臓内科・消化器内科・糖尿病内分泌内科・全身麻酔の手術直後(外科・泌尿器科・婦人科)等、各科の急性期の患者さんが多く、緊張する場面もありますが、一瞬を惜しまず丁寧に優しさと笑顔をもって、患者さんやその家族に寄り添い、心の通い合う看護を実践しています。私たちはさまざまな疾患の患者さんに対応できるように日々、自己研鑽し、高度で専門的な知識と技術の習得に努めています。

                      HCU

 

 3階東病棟  “アットホーム”

3階東病棟

 産婦人科と小児科の混合病棟で、産科は、アロマトリートメントによる癒し・乳房マッサージ・直母介助による母乳育児確立に努め退院後も卒乳まで安心して母乳栄養を続けていけるようアドバンス助産師が力を入れています。 

 婦人科は、腹腔鏡下や膣式手術が増えてきているため、安全、かつ、早期回復できるよう、手術を受けられる患者さんのニーズに応え自宅退院や職場復帰ができるようシステムの確立を目指しています。

 小児科は、子どもとの関わりを大切にしており、移動図書号には多くの絵本を準備しています。優しく、手厚い看護と笑顔をモットーに頑張っています。

  3階東病棟

 

 4階東病棟  “患者さん一人ひとりに寄り添う医療を”

4階東病棟

 4階東病棟は、外科・消化器内科・形成外科・皮膚科・歯科・歯科口腔外科の患者さんの看護を担当する混合病棟です。患者さんが安心して手術や検査・治療を受け、安全に入院生活を送れるよう、笑顔で接することを心がけ、援助を行っています。 

  

 

 

 


  

 4階西病棟  “安心&スマイル”

4階西病棟

 4階西整形外科病棟では、骨折や事故等による外傷、膝関節人工関節置換術、大腿骨人工骨頭置換術、肩関節腱板縫合術などの多彩な患者さんを受け入れています。

 信頼がおける医療・安心して療養できる環境を提供し、満足して早期に退院できるよう支援しています。患者さんやそのご家族の意向に沿い支援できるようスタッフ一同、心をこめて看護を行っています。

  

 


 

 

 5階東病棟  “患者さんの笑顔のために”

5東

  5階東病棟では、主に血液透析や腹膜透析を導入される患者さんや、泌尿器科疾患の治療・手術を受けられる患者さん、内分泌代謝疾患の糖尿病教育入院患者さんの支援や指導を含めた看護を提供する急性期病棟です。

 スタッフ一同、患者さんの気持ちに寄り添い、心の通った温かい看護が提供できるよう心掛けています。より質の高いケアの提供及び安全・安楽な入院生活が送れるように努めていきます。

 

    

 

 

 5階西病棟  “ 患者さん・家族と共に在宅復帰を目指して ”

5階西

 5階西病棟は、急性期医療を経過し病状は安定しているが、自宅や施設での生活に不安がある方を対象に、安心して在宅復帰できるよう看護、リハビリを行う地域包括ケア病棟です。今年度から地域包括ケアを担当する藤澤副院長が赴任し、病棟を管理する体制となり、医療の質の向上を目指しています。

 医師、看護師、リハビリスタッフ、医療ソーシャルワーカー・薬剤師・管理栄養士が協力して、患者さんとそのご家族に寄り添った支援ができることを目指し努力しています。

 
 <地域包括ケア病棟>
   地域包括ケア病棟  
   

 

【外来】  “信頼され心の通い合う外来を目指して”

 

 7番外来


  外科・呼吸器外科・整形外科・形成外科の外来です。

 外科は消化器疾患や乳がん検診、曜日により呼吸器・血管外科の外来も行っています。整形外科は骨折や肩、膝、股関節の疾患を扱っています。骨粗しょう症の検査も行っています。また、形成外科は熱傷、皮膚腫瘍、眼瞼下垂などの疾患を扱い、症例によっては、日帰りの手術も行っています。

 患者さんが安心して受診できるように親切・丁寧な対応を心がけています。

 

  7番外来 7番外来
 

 8番外来


 内科、歯科・歯科口腔外科の外来です。

 毎日、たくさんの幅広い年齢の患者さんが来院されます。

 高齢の患者さんにもわかりやすく丁寧な対応を心がけ、みなさんに安心して来院していただける外来を目指しています。

 お気軽に声をおかけください。

 

   8番外来 8番外来

  

  9番外来


 小児科・眼科・耳鼻咽喉科の外来です。

 小児科は、本年度から医師4人となりました。また、専門外来として、月1回または2回の心臓外来や腎臓外来、神経外来を行っています。

 眼科は、網膜光凝固術や硝子体内視鏡注射、白内障手術などを行っています。

 耳鼻咽喉科は、福岡大学(月・木)と産業医科大学(火・土)が診療を行っています。平成30年4月から火曜日は午後に診療を行っています。

 私たちは、患者さんが安心して医療が受けられ、患者さんに寄り添った「親切・丁寧」な対応を行っていくように心がけています。

  

   9番外来  眼科

 
  

 10番外来


 産婦人科・泌尿器科・皮膚科の外来です。

 産婦人科は、4人の医師で妊婦健診、助産師外来、子宮がんクーポン検診、手術など行っています。

 泌尿器科は、2人の医師と毎週月曜日は福岡大学からの医師1人で診療しており、手術・体外衝撃波結石破砕術・前立腺生検など行っています。

 皮膚科は、アレルギーのパッチテスト、赤外線治療、紫外線療法など行っています。

 私たち10番外来の看護師は、患者さんやそのご家族の気持ちに寄り添い、笑顔・親切・丁寧な対応を心がけています。

 みなさんが安心して医療を受けられるよう、何でも相談できる雰囲気づくりをしています。

 気軽にお声かけください。

  10番外来 10番外来
 

 

【外来処置室・内視鏡室・救急外来】  “ 患者ファースト ”


  外来処置室  

外来処置室

 外来受診された方で、血液検査や点滴などを受けられる患者さんの不安な気持ちに寄り添えるように心がけています。各部門と連携を図りながら、少しでも待ち時間を減らし、スムーズに受診できるようにみんなで患者さんをサポートしています。 

内視鏡室

救急外来

  内視鏡室

 内視鏡検査は、消化管などの病気の早期発見・診断になくてはならない検査であり、内視鏡手術という分野まで広がっています。常に安全に検査・処置が行えるよう環境を整え、安心して治療が受けられるよう心がけています。

  

 

 

 救急外来

  救急車で搬送される方や、救命救急処置を必要とする患者さんの診療を行っています。迅速かつ丁寧な対応と、患者さん、ご家族の方への精神的配慮を心がけています。夜間はその日によって当直医師が異なるため、あらかじめ電話でご確認ください。

    

           

 

  

【手術室】     “安全で安心できる手術室”   


 手術室では、患者さんの不安や不快を軽減し、安心して手術を受けていただけるよう医師、看護師が抜群のチームワークで患者さんの思いに寄り添える看護を目指しています。術前訪問や術後訪問を行い患者さんの希望に沿った援助を行っています。
 
 手術室 手術室

 

 

【透析センター】   “心のこもった医療”

 安全で安心できる心のこもった医療を提供することを目指しています。

患者さんに寄り添い、快適な日常生活を送るための自己管理ができるように支援を行っています。

 私たち透析スタッフは、田川唯一の透析導入病院として、思いやりのある看護を目標にスタッフ一丸となり、患者さんの個別性に合わせた自己管理指導、ニーズに応えた看護の提供を心がけています。

   

 透析センター  透析センター





このページに関する
お問い合わせは
(ID:16)
田川市立病院

〒825-8567  福岡県田川市大字糒1700番地2   Fax:0947-45-0715  

電話番号:0947-44-2100

日本医療機能評価機構 認定第JC2244号
モバイルサイトQRコード
CopyRight (C) 2019 Tagawa Municipal Hospital.