看護部教育体制

最終更新日:

 

看護師

               私たちは、専門職として自信と誇りを持って看護ができる人材を育成します

                 ~一人ひとりの看護師の”こうありたい姿”を実現するために~ 

 

 

教育目的

  病院・看護部の基本理念に基づき専門職としての看護者の育成と支援を行い質の高い看護サービスを提供する。

 

  

教育目標

 1.質の高い看護を提供するために必要な専門知識や技術を習得する。

 2.自律性が備わりキャリア開発ができる。

 3.看護の倫理観に基づいた、責任感や人間性が備わる。

 


<令和元年度教育目標>

 1.全体目標

  チーム医療の中で、看護専門職として安全かつ質の高い看護実践能力の向上を図り、自らのやりがいにつなげる事ができる

  

 2.個別目標

 

目 標

ラダーⅠ

 看護実践能力、組織的役割能力、教育・研究能力の研修と日々の看護から自己研鑽につなげる事ができる。

ラダーⅡ

 臨床指導者としての役割を理解し、臨床で活かしスキルアップにつなげる。

ラダーⅢ

 1、専門職として自己のありかたを明確にし、新たな課題にむけて行動ができる。
 2、専門領域における知識・技術を習得し、リーダーシップを発揮しスタッフの育成ができる。 

ラダーⅣ

 1、自己のキャリア形成の目標を持ち、自己研鑽し、看護実践のモデルになれる。
 2、チーム医療の中で、専門職としての役割を発揮できる。

  

   ラダー研修 ラダー研修

 

 

田川市立病院クリニカルラダー

 

 当院は、全看護職員を対象に専門職業人として育成することに力を入れています。

 Clinical(臨床実践に必要とされる能力)Ladder(「はしご」のように段階的に表現)システムを基本に、段階に応じ研鑚が積めるように教育体制を整えています。

 

1.クリニカルラダーシステムとは

 パトリシア・ベナーの看護論を基に、看護師が新人からエキスパートへと段階を踏んで臨床看護実践能力を育成、評価していくツール。当院では看護実践能力、組織的役割遂行能力、教育における能力、研究における能力、倫理問題における能力をレベル別に区分し、等級で表す。

 

 

ラダー研修

2.目的

 良質な看護の提供と看護実践能力の育成

 1)看護者の看護実践能力を明確にする。

 2)個々の仕事に対する満足度を高め、キャリア開発に役立てる。

 3)組織として人材育成、キャリア開発に積極的に援助する。

 4)人事考課の一要素とする。

 

3.概要

  クリニカルラダー
 

 

 

 

臨地実習受け入れ

 

 福岡県立大学 看護部

 福岡県立大学 大学院助産学実践形成コース

 九州医療スポーツ専門学校(看護科)

 近畿大学付属福岡高校 看護専攻科

 大和青藍高校 看護科

 

 

 

看護補助者研修会


 看護チームの一員としての役割を理解し、看護補助者業務を遂行するために必要な基礎知識・技術を身につけることを目的に研修会を実施しています。

 看護師・感染管理認定看護師・皮膚排泄ケア認定看護師・医療安全管理者・リハビリスタッフ・事務担当者などが講師となり研修を行っています。


  看護助手研修 看護助手研修

 

特定行為研修の受け入れ協力施設


 

特定行為研修

 


    PDFはこちら(PDF:497.5キロバイト) 別ウインドウで開きます


 

 

 



 

 

  

このページに関する
お問い合わせは
(ID:13)
田川市立病院

〒825-8567  福岡県田川市大字糒1700番地2   Fax:0947-45-0715  

電話番号:0947-44-2100

日本医療機能評価機構 認定第JC2244号
モバイルサイトQRコード
CopyRight (C) 2019 Tagawa Municipal Hospital.