平成31年度田川市立病院総合プログラム

最終更新日:

平成31年度プログラム責任者

  田川市立病院  研修実施責任者  : 松隈 哲人
             プログラム責任者  : 尾上 泰弘

 

臨床研修の特色と目的

【プログラムの特色】

 内科、外科、小児科、産婦人科の(選択)必修科目は、各科の指導医が専門的マンツーマン指導を行う一方、救急外来(1次・2次)においてはファーストコンタクトから入院まで一貫した診断と治療を経験し、総合診療能力を育成できる。すなわち総合と専門のバランスがとれた両立が可能。

 

 

【臨床研修の目的】

 日常、頻繁に遭遇する疾病に対し、プライマリケアを含め基本的な診断と治療の能力を身に付け、さらに総合的・全人的な医療上の判断ができること。

 

 

平成31年度臨床研修プログラム

  

 H30年度プログラム

  ※1年次の11か月目以降のスケジュールはフレキシブルです。
  ※24か月の研修期間中、当院で最低12か月は研修を行うこととします。

 

 

 

  • 指導体制

    1.指導医は、研修医に研修医手帳を作成させ、当該手帳に研修内容を記入するよう指導する。また担当した患者の病歴や手術の要約を作成するよう指導を行う。

    2.指導医は、研修医ごとに臨床研修の目標の達成状況を把握する。

    3.指導医は、研修医に診療・手技等を実施させる場合、指導医監視のもと実施させ、十分な配慮をもって指導を行う。

    4.指導医は、研修の状況をプログラム責任者に適宜報告を行う。

    5.指導医は、担当する分野における研修期間の終了後に、研修医の評価をプログラム責任者に報告を行う。

     

     

    •   
     

     

         

    •   

     

    このページに関する
    お問い合わせは
    (ID:789)
    田川市立病院

    〒825-8567  福岡県田川市大字糒1700番地2   Fax:0947-45-0715  

    電話番号:0947-44-2100

    日本医療機能評価機構 認定第JC2244号
    モバイルサイトQRコード
    CopyRight (C) 2019 Tagawa Municipal Hospital.