総合トップへ

診療科(医師)の紹介

ホーム  >  診療科(医師)の紹介 [ 呼吸器外科 ]
  内科  小児科  外科  呼吸器外科  整形外科
  形成外科  皮膚科  泌尿器科  産婦人科  眼科
  総合診療科  麻酔科  救急科  歯科・歯科口腔外科

呼吸器外科

  

 肺がんによる死亡率が年々増え続ける中、これまで田川医療圏では肺がんに対する十分な治療を行える体制が整っていませんでした。このような状況の中、田川医療圏内で唯一となる呼吸器外科を平成287月に新たに設立しました。現在、九州大学病院呼吸器外科からの応援(外来・手術)の体制で診療を行っています。

 呼吸器外科では、主に肺・縦隔(両方の肺に挟まれた心臓などのある部分)の疾患を扱っています。原発性肺がん、転移性肺腫瘍(他臓器のがんが肺に転移したもの)、肺良性腫瘍、縦隔腫瘍、自然気胸などの疾患に対する治療や、肋骨骨折、外傷性血気胸、肺挫傷などの救急胸部外傷に対する治療を行っています。また、がんや肺炎に伴う胸水や膿胸に対する治療も行なっています。

 その他、胸部CT検査や気管支鏡検査などによる診断も行っています。咳が続く、痰に血が混じる、肺に影があると言われたなど、気になることがありましたら、まずは気軽にご相談ください。

 

 

【診療状況】

 呼吸器外科の手術を行うにあたり、身体に対する影響が少なく、傷も小さいことが特徴である胸腔鏡を用いた手術を積極的に取り入れています。肺癌に対する手術は、胸腔鏡(胸の中を観察するカメラ)補助下で、約7~10cm程度の傷で手術を行っています。転移性肺腫瘍や肺良性腫瘍、自然気胸などに対しては、最大で約2cm程度の傷を含めた3~4ヵ所の小さな傷で手術を行っています。

 

 

【今後の抱負など】

 個々の患者さんについて、最適な医療を提供することを心がけています。地域の肺がん・呼吸器疾患診療の向上のため頑張って行きますので、今後ともよろしくお願いします。

 

 





 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                      

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ホーム