総合トップへ

医療情報システム管理室

ホーム  >  医療情報システム管理室

医療情報システム管理室

 

 

 

病院内には様々な医療情報が存在しますが、その中心をなすものは診療録(カルテ)です。従来、冊子形式のいわゆる紙カルテの時代には、患者さんごとの冊子の管理が重要であり、カルテ庫という図書館のような場所で厳重に管理されてきました。カルテの保管、そして使用時(外来と入院)の出し入れ(貸出と返却)に大きなスペースと人員を要しました。

カルテが電子化された現在、小部屋に収まる程度のサーバーにすべてのカルテは保管されています。カルテの出し入れは不要で、電子カルテ端末(パソコン)を開けば閲覧・記載ができます。 

カルテの出し入れが不要となり、閲覧・記載が瞬時に行えるようになったため、とても便利ですが、その反面、無関係な人間の閲覧は阻止しなければなりません。パソコン端末を介した電子カルテは極めて厳重に管理する必要があります。使用するためにはIDとパスワードの登録・認証が必要です。電子カルテを使用する職員全員に個別のIDを与え、秘密のパスワードを管理し、退職職員のIDを抹消します。その他、カルテシステムの変更、更新、改訂などの作業、停電時の危機管理体制等、紙のカルテの時代とは大きく異なった管理が必要です。

カルテ以外に、病院には個人情報を含んだ重要なデータなど様々な情報が存在します。これらのビッグデータを厳重に一括管理すること、そして必要に応じ、データを抽出・解析・活用することが当管理室で行われます。

また、外部の医療機関との情報の共有化に取り組んでいます。

ここは小さな部署ですが、病院の中で最も大切な患者情報を保管する重要な、縁の下の力持ちです。

 

 

 

 電子カルテ

 



 

 

 

 

 

 

 ホーム