総合トップへ

医師事務作業補助者室

ホーム  >  医師事務作業補助者室

医師事務作業補助者室

 

 

医師事務作業補助者は、医師の業務、特に事務業務等を代行する職種です。それが多忙な医師の負担軽減につながり、その結果、医師は患者さんの診療に使う時間を多く持つことができます。

医師事務作業補助者は、医師の指示に従い、事務業務を代行し、その後、医師による業務内容の確認と承認を得て、仕事が完結します。業務内容上、患者さんの個人情報に関わることもありますので、各業務を依頼した医師によるチェックが必要ですし、医師事務作業補助者自身に守秘義務が課せられます。

 

業務内容は主に、①医療文書作成代行、②診療記録記入代行、③診療データの登録・報告等の補助です。①は診断書や紹介状の下書き等を行います。②は診療録(カルテ)の記入を代行するもので、その分、医師は患者さんに向き合って、診察・診療を念入りに行うことができます。③は、全国がん登録、外科手術症例登録(NCD)をはじめ様々な医療情報を厚生労働省や関係学会等に登録・報告する際、データ入力を行います。他の業務については、臨機応変、病院の状況に応じ、医師のいろいろな手助けを行います。

欧米では医師事務作業補助業務、いわゆる医療秘書はかなり以前からありました。昔の映画やドラマでは、医師が口述した録音テープから医療秘書が書類を起こすシーンがたびたび見受けられました。一方、わが国では平成20年に診療報酬制度に採用され、正式に認知された新たな職種です。

 

当院でも平成20年から3人の医師事務作業補助者を配置し、当初は入院証明書や通院証明書の作成補助が業務でした。その後、徐々に業務の拡大を行い、現在は8人が配置されています。各々が担当診療科を持ち、文書作成のみならず、診察補助やデータ整理・登録・報告等を担当しています。また、医師と看護師・医事課職員の間の連絡・調整係も受け持っています。この業務のためにコミュニケーション能力が必要です。そのために医師事務作業補助者は常に新たな医療知識(医療専門用語等)を身につけるべく、日々勉強しています。

医師事務作業補助者は、医師が診療業務に専念できるように支えるサポーターです。

 

 

 

 

 

 

 ホーム