総合トップへ

臨床工学技術科

ホーム  >  臨床工学技術科

臨床工学技術科

 

 

臨床工学技士長 渡邊 隆一 

 

 

 臨床工学技士はコメディカルスタッフの一職種であり、MEMedical Engineer)やCEClinical Engineer)と呼ばれ、医師の指示の下に血液浄化装置や人工呼吸器等の「生命維持管理装置」の操作及び保守点検を行うことを業務とする者で、病院内にある医療機器を扱う仕事を行っています。

平成284月に3人の新規採用があり、現在10人体制で業務に従事しています。透析技術認定士、血液浄化専門臨床工学技士、医療機器情報コミュニケータ(MDIC)など、専門認定資格の取得者も在籍しています。

 

 

 

【主な業務内容】

 

●血液浄化業務

 血液浄化とは、血液透析療法、血液濾過療法、血漿交換療法、血液吸着療法などの総称で、体内に貯まった老廃物などを排泄、もしくは代謝する機能が働かなくなった場合に行う治療法です。

当院の透析センターでは医師や看護師と連携し、血液透析・血液濾過透析などの治療を行っています。治療開始時の穿刺から、返血・止血までの臨床業務、透析装置の点検・修理等の機器管理業務を行っています。透析センター内に臨床工学技士が常在しているため、機器のトラブル時にも早期対応が可能であり、安全・安心な透析療法の提供に努めています。

透析効率の算出・評価や、VA(シャント)の評価なども積極的に行っており、医師や看護師とも患者情報を共有し、カンファレンス等を行うことにより、透析条件の検討やVAトラブルへの早期対応を実践しています。

 また、術後や重症者など病室での血液透析や持続的腎代替療法(CRRT)、血漿交換、エンドトキシン吸着(PMX)、血球成分除去療法(LCAPGCAP)、腹水濾過濃縮再静注法(CART)なども行っています。

 当院は災害拠点病院にもなっており、当地域における透析医療の中心的施設として災害時にも対応できるよう体制を整えると共に、シミュレーションを行っています。

 

●循環器業務

 狭心症、心筋梗塞などの循環器系の疾患では、心臓カテーテルによる検査や治療を行っています。医師、看護師、放射線技師、臨床検査技師とともに循環器チームを結成し、最良の治療を行うべく36524時間体制で治療を行っています。

心臓カテーテル業務では、主にバルーン等のデバイス類の物品準備・介助・管理、補助循環装置(IABP)や体外式ペースメーカ-の操作・管理等を行っています。補助循環装置をはじめとした緊急時の医療機器操作には、臨床工学技士が特に力を発揮しています。

 

 

●院内教育

 安全な医療を提供するには、適切な医療機器の使用方法をマスターする必要があります。輸液・シリンジポンプをはじめ、人工呼吸器などの医療機器の研修会を行っています。医学と工学の知識を持ち合わせている臨床工学技士が、使用方法や注意点などをわかりやすく教えられるよう心がけています。

 

 

 

【今後の取組】

 機器管理業務を行うMEセンターを今年度の稼働に向けて準備を進めています。医療機器を中央管理する事で有効利用を図るとともに、故障などの問題を未然に防ぎ安全性の向上に寄与し、病院での診療に問題が起きないようにしていきたいと考えています。

 



 

 ホーム