総合トップへ

診療情報管理室

ホーム  >  診療情報管理室

診療情報管理室

室長 松隈 哲人

 


 

診療情報管理室は、診療記録(カルテ)に関するさまざまな診療情報を管理する部門で、医師(室長)1人、診療情報管理士6人、事務補助1で業務を行っています。業務内容は、診療記録(カルテ)の保管・管理、点検監査、がん登録、診療情報の分析や活用など幅広いです。

 

【入院診療録の保管・管理、点検監査】

 診療記録(カルテ)を管理・保管し、傷病名・手術術式・記載事項が適切に行われているかの点検監査を行っています。診療記録の質向上によって医療の質向上を図り、よりよい診療情報管理データベースの構築や診療記録の開示請求への対応ができるようにしています。

 

【がん登録】

 平成25年8月から院内がん登録を始めました。平成28年1月から全国がん登録が義務化され、がんに罹患したすべての症例を登録してデータベースの構築を行っています。

 

【診療情報の分析や活用】

 平成26年4月から当院に導入した、DPC制度(病名や手術・処置等の内容に応じて分類された「診断群分類」に基づいて、入院医療費を計算する包括支払制度)に伴い診断群分類と診療内容の整合性の確認を行い、適正な入院医療費の計算につなげています。また、これらの診療情報をもとにDPC制度に対応するデータベースの構築を行っています。

 データベースの内容を分析することで当院がどのような診療を行っているのかがわかり、医療の質向上や標準化に貢献しています。

 

 よりよい診療記録、それに基づく精度の高いデータベースの構築や情報の活用に継続して取り組むことで、質の高い医療に貢献していきたいと思います。

 

    スタッフ  診療情報管理室

 

 

 ホーム