総合トップへ

病院の概要・沿革

ホーム  >  病院の概要・沿革
 
病院の概要
 

 名称

田川市立病院

 所在地

825-8567

福岡県田川市大字糒1700番地2

TEL0947-44-2100

FAX0947-45-0715

URL:http://hospital.city.tagawa.fukuoka.jp

 病床数

HCU:6床

急性期病床:283床

地域包括ケア病床:45床

感染症病床:8床

     計 342

 外来患者数

新  来:19,674人

延外来:137,055人 (平成28年度実績)

 入院患者数

新入院:5,381人

延入院:78,417人  (平成28年度実績)

 診療科目

循環器内科、消化器内科、腎臓内科、糖尿病内分泌内科、緩和ケア内科、神経内科、内科、小児科、外科、呼吸器外科、整形外科、形成外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、放射線科、麻酔科、救急科、精神科、リハビリテーション科、総合診療科、歯科、歯科口腔外科

 外来診療
 受付時間

月曜日~土曜日 午前830分~1100

 休診日

日曜日、祝日、年末年始(1229日~13日)

 高度医療設備

XCT診断装置 CTスキャナーBrilliance CT64

全身用MRI装置 1.5T  東芝 EXCELART Vantage 

RIデジタルガンマカメラ シーメンスヘルスケア社 Symbia Evo Exsel

血管造影撮影装置 島津 血管造影システム Trinias12

体外衝撃波結石破砕装置 ドルニエ DeltaⅡ Isocentric

乳房X線撮影装置 マンモグラフィー 日立 LORAD M-Ⅳ

 敷地面積

56,493平方メートル

 建築面積

8,914平方メートル

 延床面積

23,966平方メートル

 構造規模

鉄筋コンクリート造 地上6階 塔屋1

 駐車場

外来用:376

身障者用:28

駐輪台数:44

 許認可事項

保険医療機関

労災保険二次健康診断等給付指定医療機関

難病医療費助成指定医療機関

小児慢性特定疾病医療機関

救急告示病院

原爆被爆者一般疾病医療機関

母体保護法指定医の配置されている医療機関

生活保護法指定医療機関

第二種感染症指定医療機関

結核指定医療機関

未熟児養育医療に係る指定養育医療機関

災害拠点病院(地域災害拠点病院)

指定自立支援医療機関(更生医療)

指定自立支援医療機関(精神通院医療)

基幹型臨床研修病院(医師法)

協力型臨床研修病院(医師法)

臨床研修施設(歯科医師法)

開放型病院承認

福岡県肝疾患専門医療機関

 施設基準

(基本診療料)

一般病棟入院基本料(7対1入院基本料)

臨床研修病院入院診療加算(基幹型臨床研修病院)歯科診療以外

臨床研修病院入院診療加算(協力型臨床研修施設)歯科診療

救急医療管理加算

妊産婦緊急搬送入院加算

診療録管理体制加算1

医師事務作業補助体制加算1(40対1補助体制加算)

急性期看護補助体制加算(25対1看護補助者5割以上)

夜間1001急性期看護補助体制加算

療養環境加算

重症者等療養環境特別加算

栄養サポートチーム加算

医療安全対策加算2

感染防止対策加算2

患者サポート体制充実加算

ハイリスク妊娠管理加算

ハイリスク分娩管理加算

データ提出加算

退院支援加算2

精神疾患診療体制加算

ハイケアユニット入院医療管理料1

小児入院医療管理料4

地域包括ケア病棟入院料1(看護職員配置加算)

短期滞在手術基本料(短期滞在手術基本料2)

地域歯科診療支援病院歯科初診料

歯科外来診療環境体制加算

 学会施設認定

日本内科学会認定医制度教育関連病院

日本消化管学会胃腸科指導施設

日本腎臓学会研修施設

日本透析医学会専門医制度教育関連施設

 

日本外科学会外科専門医制度修練施設

日本整形外科学会専門医制度研修施設

日本形成外科学会教育関連施設

日本皮膚科学会認定専門医研修施設

日本泌尿器科学会泌尿器科専門医教育施設 関連教育施設

日本産科婦人科学会専門医制度専攻医指導施設

日本麻酔科学会麻酔科認定病院

日本ペインクリニック学会指定研修施設

日本口腔外科学会認定関連研修施設

地域包括医療・ケア認定施設

 
 

田川市立病院

 

病院の沿革

 
12年3月田川市魚町に「日本赤十字社福岡県支部伊田診療所」として開設
昭和20年7月「日本医療団福岡県支部田川病院」に改称
昭和24年3月国民健康保険直営診療施設「市立田川病院」が発足(35床)
昭和26年6月「田川市立病院」に改称(141床)
昭和30年4月附属猪位金診療所を設置
  (猪位金村が田川市に編入合併したことにより、猪位金村立診療所を引き継ぐ)
昭和38年9月田川市中央町2番2号に新築移転(268床)
昭和42年7月産婦人科病棟を増設(334床)
昭和61年3月附属猪位金診療所を鉱害復旧事業で新築
平成4年5月全国自治体立優良病院として全国自治体病院開設者協議会及び全国自治体病院
   協議会より表彰
平成4年12月市制50周年記念事業として病院改築の方針決定
平成4年12月田川市立病院改築促進特別委員会設置
平成5年5月全国自治体立優良病院として自治大臣表彰
平成6年4月田川市立病院建設準備室を開設
平成7年3月基本設計完了
平成7年4月田川市立病院建設準備室を建設室に改称
平成7年7月新病院建設特別委員会設置
平成8年3月実施設計完了
平成8年8月田川市大字糒1700番地2の新病院建設着工
平成10年12月新病院竣工(一般334床、感染症8床 計342床)
平成11年1月新病院開院(入院患者移送)
  (内科、脳神経内科、精神科、小児科、外科、整形外科、形成外科、皮膚科、
   泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線科、
    麻酔科、歯科・歯科口腔外科)
平成11年2月外来診療開始
平成17年12月猪位金診療所休止
平成18年10月人工透析増床(50床)、在宅血液透析トレーニングセンター開設
平成20年5月院外処方実施
平成20年11月一般病床休床 45床(一般289床、感染症8床、休床45床)
平成22年4月地方公営企業法の全部適用
平成22年4月病院事業管理者配置
平成22年11月一般病床休床 45床(一般244床、感染症8床、休床90床)
平成22年11月7:1看護体制へ転換
平成22年11月「第1期中期事業計画」施行
平成23年5月開放型病院承認
平成24年4月DPC準備病院
平成26年1月電子カルテシステム導入
平成26年4月DPC対象病院
平成26年11月「第2期中期事業計画」施行
平成28年4月地域包括ケア病棟開設 45床(一般244床、地域包括ケア45床、感染症8床、休床45床)
平成28年7月診療科の整備により内科を細分化
  (内科、神経内科、循環器内科、消化器内科、腎臓内科、糖尿病内分泌内科、
    緩和ケア内科)  
平成28年7月総合診療科、呼吸器外科の開設
平成28年10月救急科開設
平成28年11月「病院再生の成就」宣言
平成29年2月HCU開設 6床(一般238床、HCU6床、地域包括ケア45床、感染症8床、休床45床)

 
 

 

 ホーム