総合トップへ

臨床検査科

ホーム  >  臨床検査科

臨床検査科

 

臨床検査技師長 永野 誠

 

【業務内容】

  臨床検査科では、患者さんから得られた検査材料(検体)の分析・測定を行う検体検査部門と患者さんの生体そのものの機能を検査する生理検査部門があります。病理・細菌検査を除く検体検査は、業務委託を行い、病院職員による生理検査の充実を図っています。

 また、救急医療にも対応できるよう、24時間365日検査データを提供しており、心臓カテーテル検査は、日直・宿直者以外にオンコール体制で運用し、24時間緊急対応しています。

 

【現状】

 当科では、検査情報システムのもとで、各種自動分析機や超音波診断装置を用いて、高い精度と、正確かつ迅速な検査データの提供に努めています。また、ICT(感染対策チーム)活動やNST(栄養サポートチーム)活動などのチーム医療に参加し、糖尿病教室なども行っています。

 

【目標】

 臨床検査科の質の向上に向けて、病院職員及び委託職員共に切磋琢磨し、新しい検査や正しい検査結果が得られるようレベルアップを図っていきます。より質の高い医療を患者さんに提供できるよう、サポートすることを目標としています。

 

【概要】

 ●臨床検査技師 18人 (病院職員 14人、委託職員 4人)

 ●学会認定資格

   細胞検査士(日本臨床細胞学会) 3人

   国際細胞検査士(国際細胞学会) 2人

   超音波検査士(消化器)(日本超音波医学会) 4人

            (循環器)(日本超音波医学会) 1人

   認定心電検査技師(日本心電学会) 1人

   心臓リハビリテーション指導士(日本心臓リハビリテーション学会) 1人

   緊急臨床検査士(日本臨床検査医学会) 1人

   認定救急検査技師(日本臨床救急医学会) 1人

   呼吸療法認定士(CE)(日本呼吸器学会・日本麻酔科学会・日本胸部外科学会) 1人

 ●病理組織検査薬剤に関する資格

   特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者 2人

   有機溶剤作業主任者 2人

   医療関係機関等を対象にした特別管理産業廃棄物管理責任者 2人 

 

【部門紹介】

 ■検体検査部門

 血液、尿、髄液、便など患者さんから得られた検査材料の分析・測定を行います。

 ○生化学検査では、血液などの体液に含まれている生化学物質を分析・測定して、肝機能や腎機能・糖代謝や免疫・感染症などを調べます。

 ○血液検査では、血球算定や血液中の凝固因子を測定して貧血や白血病、また血友病などの凝固異常がないか調べます。

 ○一般検査では、尿中の成分分析・測定を行い腎臓や尿路の異常を調べたり、便中の潜血から消化管出血の有無を調べます。

検体検査

 

 ■生理検査部門

患者さんに直接電極等を取り付けて、生体そのものの機能検査を行います。

 ○心電図検査は、手首・足首・胸部に電極をつけて、心臓の活動電位を記録します。不整脈や虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)などの診断に有用です。

 

 ○呼吸機能検査は、鼻をつまみ、口だけで呼吸をして息を調べる検査です。肺の容量や肺の働きを調べる検査です。

 ○エコー検査は、超音波を体内の対象物に当てて、その反響を映像化する画像検査法です。対象物の内部を調べることができます。痛みもなく身体に害もほとんどない検査法です。心臓、腹部、血管、乳腺、表在エコーを行っています。

 その他、下肢動脈の狭窄や血管の硬さを調べる血圧脈波検査、脳の活動電位を記録する脳波検査、手足の指のしびれの原因を調べる神経伝導検査、聴力検査、新生児の脳幹反応検査、心臓カテーテル検査中のモニタリングなどを行っています。

 

                                         生理検査

 ■細菌(微生物)検査部門

細菌(微生物)検査

 喀痰、血液、尿、便、体腔液など提出された検体の中に、病原菌となる菌の有無を調べます。菌が検出された場合、それに対して有効な薬剤(抗生物質)を探し出す検査も行っています。また、インフルエンザ、ノロ、ロタ、アデノ等の簡易検査も行っています。緊急時には、結核菌が排菌されているかどうかも調べています。

 



 

 

病理・細胞診

 ■病理・細胞診部門

 

 

 病理(組織診)は、手術や胃・腸のカメラ中に採取された組織やその他に採取された組織を、顕微鏡で観察できるように標本を作製し、病理医に診断してもらっています。細胞診は、婦人科で採取された標本や喀痰・腹腔洗浄液・穿刺液等に悪性細胞などが入っていないか顕微鏡で選別しています。また、最終判定は、病理医にしていただいています。

 

輸血検査

 
 

 ■輸血検査部門 

 血液型検査や不規則抗体検査を行います。また、患者さんに安全な輸血を行うため、交差適合試験等を行っています。


 ホーム