総合トップへ

職員採用情報

ホーム  >  職員採用情報 [ 臨床研修医募集 ]   >  平成27年度
  医師募集  看護師募集  臨床研修医募集  医療技術職・病院事務職募集

平成27年度

最終更新日 [2016年6月8日]  

 

 

平成27年度 初期研修医の感想


 

 平成28年5月30日

 

林田先生

 臨床研修医 林田 陽

 

 研修病院としての田川市立病院の特徴を列挙します。

?教育環境が温かい

 経験豊富な指導医やコメディカルに囲まれ、リアルタイムにサポートを受けながら臨床経験を積むことができます。特に救急外来での当直は、多くの研修病院と異なり、初期対応の段階から上級指導医とマンツーマンでの診療となります。経験のある指導医の下で、頻度も緊急性も高い症例の対応ができ、即座にフィードバックを受けられる環境は貴重だと思います。

②自由度が高い

 病床数の多い研修病院とは異なり、研修医が少人数のため、貴重な手技、症例は診療科の垣根を越えて関わることができます。内科ローテ-ションの最中でも外科で何かあれば声をかけられ、見学・実践する機会が多数あり、逆も同様です。

 また、当直日やローテーションの選択も、取り合い・譲り合いになることはまずなく、研修医に大きな選択権が与えられているため、ほぼ希望通りにスケジュールを組むことができます。拘束度合いの裁量も委ねられています。

③貯金をしやすい

 基本給、各種手当が手厚いことはもちろん、必然的に支出が少なくなる環境のため、自然と貯金ができます。自主学習、生活環境の整備など将来への資本になります。

④都市部ではない

 地理的、社会的、また医療資源的にも恵まれているとは言い難いですが、医師としてのキャリアの中で同様の環境での勤務はほぼ不可避です。研修医として守られている間に、そのような環境に触れることは大きなアドバンテージだと思います。

 一方、福岡市や北九州市にも1時間前後でアクセスできるため、一般にイメージされるほど不便ではないことを強調しておきます。

⑤同期が少ない

 比較対象が限られるため、研修中の自己評価は難しくなります。前述したように、市中病院で研修する同期との情報交換は比較的容易ですが、院内では自主性に応じて学習するほかありません。実地での手技・症例経験の機会はほぼ独占状態なので、チャンスは多い環境だろうと思います。

 認知度は決して高くない田川市立病院ですが、非常に恵まれた研修環境です。ゆかりのある方はもちろん、なじみのない方もぜひご一考ください。

 

研修の様子(産婦人科)

 

 

 

 

 

平成27年度 研修医アンケート結果


 

  

1 当院での研修内容について

満足:15人、不満足:0人

【理由】

・今回、形成外科での研修だけでなく、その他の時間も希望に沿った研修をさせてもらえた。

・色々な手技をさせてもらって、良い経験になりました。

 

・小児科を研修させていただきましたが、症例の一つひとつを詳しく説明していただき、多くのcommon diseaseを体験し、多くを学び考えることができました。

・とても過ごしやすい環境の中で医療センターでは経験できなかった手技などを経験させてもらうことができ勉強になりました。

・指導して下さる先生方に恵まれました。二次病院でたくさんの症例に恵まれました。

・毎日手術に入る日もあれば、救急対応で呼ばれる日もあり、変化のある日々でした。治療の難しい方を診させていただき、非常に勉強になりました。自分の力不足も実感しました。

・先生達が優しくて雰囲気がよかったです。寮も敷地内で居心地がよかったです。

・循環器内科で多くの手技を経験できた。当直で1次救急を経験できた。

・手術にたくさん入れさせてもらえた。土日がフリーだった。

初期対応を学ばさせてもらった。

・寮の環境の配慮等していただきとても快適でした。

・先生方に熱心に教えていただいてとても勉強になりました。これから頑張ろうとやる気が出る研修でした。

・消化器内科では先生方もとても丁寧に教えていただき、楽しく、また勉強になりました。日中に救急車が来るとよんでもらえるのもよかったです。当直も週1回しっかりあり、地域ならではの症例も診れてよかったです。

・大学病院で行なう研修よりも密な指導を受けることができた。

・私は内科志望で2年間多くの内科の診療科をまわってきました。2年間の中でまわったことのない糖尿病内科を回ることができ、今後後期研修医となる前の有意義な1か月間になりました。

 

 

2 研修体制(医師、看護部、医療技術職、事務等)について

  満足: 15人、不満足: 0人

【理由】

・外来、病棟をはじめ、医局においても、とてもよくしていただきました。

・医師と看護師の連携が取れていて、急な検査にも対応してもらえました。

・Drの方々にはカテーテルの手技について学び臨床検査技師の方に心エコーなどを丁寧に教えていただいた。また、救急外来ではCPAなどの対応を経験できた。

・みなさん親切で大変働きやすかったです。

・先生方はもちろん、看護師、コメディカル、事務の方々もとても優しく色々と教えていただきました。

・とても優しく、事務作業に追われることなく仕事しやすい環境でした。

・大仲先生と海津先生には大変お世話になりました。講義をわざわざしてくださったり、分からない所や難しい所も教えてくださったり、楽しく過ごすことができました。コメディカルや事務の方々の対応が丁寧で仕事がとてもやりやすかったです。

・医師、看護師の仲がよく当直でも多くの方々に助けられました。

・必要な時にサポートがあった。

・看護師さんが優しい。

・医師、看護師間の連携がとても図られていたと思います。

・みなさん優しくて、働きやすい環境だと思いました。

・週に1度、エコー検査を学びにいっていたが、技師さんにとても優しく教えていただいた。

・慣れない病院で困ることが多かったが、すぐに相談できる雰囲気があり良かった。

・看護師、コメディカルの方々は皆さん優しく接してくださり、毎日の病棟業務も比較的スムーズにできていたと思います。

 

3 医局、医師寮等の利用について

  満足:12人、満足・不満足:2人、どちらでもない:1人

【理由】

・パソコンの貸し出しはとても助かりました。

寮が少し離れていましたが、車で数分なので、苦になりませんでした。

・医局はもう少しプライバシーが守られる空間があればと思いました。

官舎は、特に不自由さは感じませんでした。

・1人1台パソコンがあり、時間のあいた時に調べものができ、便利だった。

・各々にネットを整備していたため調べ物をしやすかったです。官舎に関してはネットを整備していただけると幸いです。

・医局は秘書の方のサポートでとても過ごしやすい環境でした。官舎は車がない人にとっては少し遠いかなと思いました。

・不満はありません。コーヒー飲み放題と、食事時のスタッフさんが優しかったです。

・官舎はとても気に入りました。向かいに大型スーパーがあり、物品をそろえるのも簡単でした。医局は食事や部屋をサポートして下さる方が居て下さったので過ごしやすかったです。

・一人ひとりに机があり、勉強しやすかったです。寮も近くてよかったです。

・机・PCを用意していただけてよかった。病院近くに部屋を用意していただけたので、夜遅い時などとくに便利だった。

・官舎は寒かったです。あと大きい車が通ると揺れます。

・官舎では雨漏りがありましたが、迅速に対応していただいて感謝しています。お弁当も毎日管理くださって助かりました。

・医局は先生方と一緒のことでいろいろと聞きやすく良いと思う反面、落ち着いて勉強できる場所も欲しいと思った。官舎は問題ないです。

・寮ではなく官舎に住ませてもらったが、騒音、照明の暗さなど不満があった。

・机にパソコンがあり、調べものをするときもしやすかったです。

 先生方含め皆さんとても優しくて過ごしやすかったです。

 

4 当院での研修についての意見

  11人回答

 ・研修医の希望・意見を受け入れてもらえて、柔軟性のあるとてもいい研修病院だと思います。ありがとうございました。

 ・他科の先生も手技をさせてくれ、積極的に関わらせてもらえて、よかったです。

 ・1か月と短い間でしたが、多くの手技や救急対応を経験し、充実した研修が出来た。

 ・意見としては日中の救急車対応の際に、first touch後に相談という形にしたらどうでしょうか。監視されている感じがあり(検査etc)出しにくそうな雰囲気でした。

  ・とても満足しており、ぜひ後輩にも地域実習は田川市立病院をお勧めしたいです。

 ・1か月と短い間でしたが、地方病院としての役割りを実感しました。当直では外科病院に救急搬送することがあり、なかなか夜間に全科がそろうのは難しい現場だと分かりました。

 ・一次救急や超高齢者など、福岡市内の病院ではあまり経験できない症例を経験でき、とても勉強になりました。

 ・どの科の先生も優しく丁寧に指導してくださり充実していました。

 ・とても有意義な研修でした。

先生方もとても優しく、医学を学ぶことができたのはもちろんのことこれからの仕事に対する姿勢なども考えることができました。

 ・密な指導を受けることができ、大変満足しています。

 ・1か月間という短い期間でしたが、有意義かつ楽しく過ごせました。

5 研修の感想、これからの研修医に対してのメッセージ

  14人回答

 ・1か月という短い期間でしたが、とてもお世話になりました。私は、形成外科での研修をさせてもらいました。外来見学では、毎日様々な傷を診て、塗布剤の使い分け、今後の傷の治り方など学びました。手術もほぼ全例手洗いで入らせていただき、症例によっては切ったり縫ったりさせていただきました。実際に現場に入らせてもらうことで、形成外科への興味がさらに湧きました。外科二次と内科二次で、計4回当直も入りました。救急車でこられる方と同数あるいはそれ以上ウォークインでこられる方がいて、九州医療センターでの当直と少し患者層が異なる印象を受けました。初期対応から一人でやらせていただけることもあり、勉強になったと思います。形成外科 柳澤先生をはじめ一緒に当直に入らせてもらった先生方、外来・病棟・手術場の看護師さん、事務の方々に大変よくしていただき、1か月、楽しく研修させてもらいました。この地域医療の研修の経験を、今後の自分に生かしていきたいと思います。ありがとうございました。

 

 ・研修医が積極的に手技に関わることができる病院だと思いました。また、当直帯では、今まであまり診たことがなかった1次救急患者の対応もできて、勉強になりました。内科当直はとても忙しく、患者さんが複数来ている場合もあったので、瞬時の判断が大切だなと思いました。

 

 ・1か月間、循環器内科で研修させていただきました。カテーテル検査・治療や心エコーなどについて先生方、コメディカルの方々に熱心に指導していただき、充実した研修となりました。ありがとうございました。

 

 ・1か月間という短い間でしたが研修させていただき大変ありがとうございました。田川市立病院での1か月間は地域ならではのcommon disease を経験させていただきました。特に今回小児科を研修し、夕方診療にも参加させていただき、多くの劇的な変化を体験させていただきました。そういった体験を通して子どもの治癒力のすごさ、また、それを見逃した際の怖さも学ばさせていただきました。患者さんに対するアプローチ、実際の臨床現場としての声もたくさん教えてもらい大変勉強になりました。また、3階東病棟がメインだったのですが、とてもアットホームで仕事を大変しやすい環境であり、チーム医療というものはこういう事なんだろうなと改めて思いました。私は将来、地方で働こうと思っていたため、今回当直を通して、多くの症例をもつ患者さんを体験させていただいたおかげでその思いが一層強いものとなりました。田川市立病院は、研修して良かったと思える環境でした。今回は1か月間という大変短い間でしたが研修をさせていただきありがとうございました。

 

 ・私は循環器内科で研修し、生理検査室とカテ室を中心に過ごさせていただきました。生理検査室では検査技師の方々が心エコーについて教えてくださり、実際に多くの患者さんに心エコーをあてさせていただいてとても勉強になりました。カテ室ではCAG、PCI、PTRAの多くの症例にあたらせていただき、医療センターの循環器内科では経験できなかった手技までさせていただくことができ、とても楽しく良い経験になりました。当直でも医療センターには来ないような症例を診ることができ、勉強になりました。今回、在宅医療の機会がなかったのは残念でしたが、多くのことを学ぶことができました。田川市立病院はスタッフの方々がとても優しく、気遣っていただき、楽しく研修させていただくことができました。

 

 ・消化器の先生達は優しく、色々教えてもらいました。上部消化管検査を10例程度しました。

 

 ・日々の研修と救急当直を通して、一般的な風邪からPCIのような高度な治療まで幅広く経験できとても勉強になりました。また、在宅診療の現場を診ることができたのは、福岡市内ではなかなか経験できない貴重な経験ができたと思います。

 

 ・地域柄、高齢者が多く、整形外科の急患は大腿骨の骨折が多かったです。施設入所前の割合も多く、家族の到着までに時間がかかったり、身寄りのない方などもこの1か月の間によく目にしました。高齢化の進む日本ではこのような状態が増加していくのだろうと思いました。地域研修でご高齢の方とたくさん触れる事ができ大変勉強になりました。

 

 ・医療センターとは違う環境で新鮮な研修ができました。訪問診療実習では患者さんのご家族に歌を披露していただいたり、心あたたまる経験をさせていただきました。何年か働いた後は地域医療に従事するのもよいなと感じました。

 

 ・1か月間ではありましたが大変充実した密度の濃い研修をさせていただきました。産婦人科の研修では、外来、手術、分娩、病棟業務と休む間もなく日々を過ごしていました。夜間の呼び出しも多く、きついと思うこともありましたが、赤ちゃんが産まれたときの喜びは大きく、大変楽しかったです。今後研修する方も熱い指導の下、充実した研修ができることは間違いありません。産婦人科の先生をはじめとした先生方、コメディカルの方々、事務の方々、患者の皆さん大変お世話になりました。

 

 ・私は実家が北九州なので、田川は比較的近い場所でしたが、これまで訪れたことがなく、今回の地域医療実習が縁で初めて1か月間滞在し、地域の方々と関わることができました。1年以上九州医療センターでの研修でしたので、病院のシステムも異なり、環境も変わって、1か月とは言えども、きちんと仕事をこなせるだろうか少し不安でした。しかし、先生方は皆さん優しく、コメディカルスタッフや事務の方も皆さん親切に接してくださるので、不安はすぐになくなり、有意義な研修生活が送れたと思います。後期研修直前の1か月だったので、来月からはレジデントとして勤務するのだと強く意識して、研修に臨めたと思います。夜の当直の際には、walkinの患者さんをほぼ1人で対応させていただき、非常に勉強になりましたし、まだまだ自分に足りない部分を発見することもできました。また、日直帯の初療対応も非常に勉強になりました。4月からは週1回の当直勤務となりますが、この1か月間の経験が十分生かせると思います。糖尿病内科の知識も、今後の進路に大いに関係ある分野なので、様々な面で有意義な1か月となりました。

 

 

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで)
 戻る ホーム