総合トップへ

診療科(医師)の紹介

ホーム  >  診療科(医師)の紹介 [ 内科 ]   >  糖尿病内分泌内科
  内科  小児科  外科  整形外科  皮膚科
  形成外科  泌尿器科  産婦人科  眼科  麻酔科
  歯科口腔外科  呼吸器外科  総合診療科  救急科

糖尿病内分泌内科

最終更新日 [2017年4月7日]  

糖尿病内分泌内科

 

 

 糖尿病診療は、常勤医師1人が担当しています。

 糖尿病は、血液中の血糖値が高い状態が続く病気で、放置すれば糖尿病性の血管障害、神経障害、網膜症、腎症といった合併症を引き起こす危険があります。糖尿病の患者数は、平成24年の調査では「糖尿病が強く疑われる者」は約950万人、「糖尿病の可能性を否定できない者」は約1,100万人と推計されています。当院では糖尿病専門医、糖尿病療養指導士を中心として医師、看護師、管理栄養士、薬剤師によるチームで糖尿病診療を行っています。

 糖尿病教育入院が必要な症例や合併症が進行している症例に対応し、糖尿病教室も開催していますので、ご相談ください。

 

 

【スタッフの紹介】

 

 

準備中

 

 

牧村 啓晃(まきむら ひろあき)

 医長 平成18年卒 

 

[主な所属学会及び取得資格]

 日本内科学会認定内科医

 日本糖尿病学会糖尿病専門医

[ひとこと]

 微力ではございますが、地域の医療に貢献できればと存じます。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで)
 戻る ホーム